システムトレード・自動売買について

システムトレードとは一定のルールに基づき行う取引の総称です。勘に頼らずあくまで一定のツール(ロジック)で運用する為、一回一回の収益に惑わされず、最終的に利益が出るよう大局的で戦略的な投資を行いやすいという特徴があります。

一回の取引結果に左右されずに左右されずに取引を行うのはFXの基本ですが、中々そのように取引出来ないのが人の性。「もう少し粘ればもっと利益が…」「もう少し待てば、この損を取り返せるかも…」といった感情で、いつも通りに取引出来ないのが実情です。システムトレードはそういった勘や感情に左右されず、決められたルールに沿って(もしくは自分で作成して)取引を行います。

システムトレードにも色々


システムトレードには色々とパターンがありますが大きく分けて2つに分かれます。一つは発注から決済までをプログラム化して、コンピュータシステムの上で自動的に取引を行う「自動売買」。その名の通り自動で売買してくれるシステムです。

もう一つは、「買い」「売り」のサインが出るように設定し、売買をするかどうかは自分で決める「売買シグナル」です。

売買シグナルの場合、自動売買とは違い取引のタイミングを知らせてくれるシステムなので最終判断は自分が行います。取引では自動売買のロジックでは判断が甘いと感じる局面もあるので、最後は自分で判断したいという方に向いています。

システムトレードと自動売買の違い

自動売買や売買シグナルといったシステムを理解しよう

自動売買とは

自動売買は確率で考えるFX。カンや経験に頼らずにあらかじめ設定したルールに従って論理的なトレードを行えます。自動売買のシステムは、分析、判断、通貨売買、記録まで全てを自動に行ってくれ、システムが決まったパターンで取引を行うので、1回1回の収益に惑わされず、最終的に利益が出るような戦略的な投資を行いやすいという特徴があります。

また、自動売買は指定した条件で24時間取引できる為、時間が少ない方、分析データを基に取引をしたい方には最適。分析やルール設定をしっかり行った後は一定期間システムに取引を行わせ、結果を元に検証とルール修正を行い利益アップを目指すというスタイルで取引を行えます。

初心者、経験の浅い方は取引ルールを考えることが難しいと思いがちですが、最近はプロや利益を出しているトレーダーの考えたルールを利用できる、あらかじめ用意された取引ルール(ストラテジー)を選ぶだけの簡単な自動売買もあります。

また自動売買ではメタトレーダー4といった自分の考えた様々なルールを複雑に組み合わせてプログラミングし、まるで人が判断しているかのような取引を自動で行えるような上級者向けの取引ツールもあります。

このような自動売買では取引に感情が入らない為、勝率が高くなることもあり、現在は自分で取引を行う口座とは別に自動売買口座を持ち取引を行う投資家が増えています。

自動売買のメリット

主なメリットは下記の3点になります。

  • 売買のタイミングを自動的に検出し取引してくれる。
  • 情報収集から、判断、売買、記録まで全て自動で行ってくれる。
  • 損切り(リスクヘッジ)も自動的に行われるので変動リスクが低い。
自動売買
通常の取引では自分の判断が入る為、「もう少し・・・」「こうなるかも・・・」といった迷いに左右されながら取引(裁量トレード)しがちですが、自動売買は感情を排除して、データと分析に基づいて機械的かつ客観的に取引を行います。また、取引の記録をどんどん蓄積して、確率を導き出しますので理論的には取引回数が増えれば増えるほど、確率が良くなると言えます。

売買シグナルとは

売買シグナルとは予め設定しておいたルールに従い「売り」や「買い」のタイミングが来ると、その発生をシグナルで知らせしてくれると仕組みです。移動平均線やRSI、ボリンジャーバンドといったテクニカル指標で「買い」や「売り」のサインが出た時にわかりやすいようにビジュアル化されています。初心者にはテクニカル指標というと難しく感じる方も多いかと思いますが、こちらも自動売買と同じく、簡単に設定できるようなツールがFX会社から提供されるようになってきています。

自動売買と売買シグナルのどちらを使うか

自動売買と売買シグナルのどちらが良いのかということは一概にはいえません。自動売買や売買シグナルはあくまで一定のルールに基づいて取り引くを行い、勘や感情が入りにくいというメリットがありますが、一方で「今回だけは違う」といったような人間の判断で行う取引のように柔軟性は無いからです。

相場の動きは誰にも読めない側面がある一方で、長い年月の統計を取ると同じうごきをする場合もあります。最終的には自分自身でどちらが良いのかを選択する事になりますが、パソコンの前で24時間チャートとにらめっこするようなプロトレーダーで無い限り、普段はシステムトレードで中長期の利益を確保しつつ、時間がある場合は自分自身が取引を行うといった複合的な取引を当サイトではおすすめします。