FXとは

FXの概要と利益構造

資産運用におけるFX(外国為替証拠金取引)という商品

近年日本国内では株価は低迷を続け、政策金利も主要国の中で最低レベルの0.05(2011年6月現在)と低迷を続けています。こういった状況の中では、株価の値上がりを期待して国内銘柄を買おうとしてもその選択は非常に難しく、円での預金も期待できません。そこで今注目を集めているのは外貨。海外では急成長を遂げている国もあり、為替が円高傾向の現在は外貨運用を始めやすい時期と言えます。

以前は、外貨預金が注目を集めましたが、最近は少ない手持ち金でも大きなリターンが期待できる外国為替保証金取引(FX)が個人にも認められ、多くの個人投資家に人気となっています。

外貨投資におけるFX(エフエックス)の位置付け

外貨投資を大きく分けると、大きく2つのグループに分けられます。

価額変動が高くハイリターンが狙えるグループ(外国株式投資、FX、外国投資信託、海外不動産投資)
価額変動が低く、リターンは低いけど、リスクも少ないグループ(外貨預金、外国債券、FX)
となります。

ここで注目したいのはFXがどちらのグループにも入っていること。FXの仕組みについて詳しくは後ほど説明しますが、FXはレバレッジと言う資金以上の取引を行える仕組みがある為、「ハイリスク・ハイリターン商品」というイメージが強いのですが、実はレバレッジを使用せず(もしくは低く抑え)、元本と同じ額のまま取引を行える商品でもあります。したがって、外貨預金のような運用も可能で、手数料などがかかる外貨預金をするのであれば、FXで運用を行えば、実質的に外貨預金と同じような運用をしつつ、手数料分を浮かすことも可能です。

FXの概要

それではFXについてより詳細に説明しましょう。FXは異なる2国間の通貨を売り買いする取引のことで、外国為替証拠金取引(ForeignExchange=FX)と呼ばれ2国間の通貨を売買し、その為替の変動差益を利益とします。

例えば、1ドル100円のドルを10万円分(1000ドル)買ったとしましょう。保持している間に、買ったドルが値上がりして1ドルが105円の時に手元の1000ドルを全部売ります。この時、手元のドルが買ったときよりも5円高く売れたので、「値上がりした5円×1000ドル」で5000円の儲けとなります。逆にドルが95円に値下がりすれば5000円のマイナスとなります。これが通貨の売買にあたります。この通貨の売買にレバレッジを利用し資金の何倍もの取引を行うことも可能で、数万円の資金で数十万~数百万円に相当する取引も可能なのがFXです。

FXの利益構造

FXの利益構造は上記の売買を含め2つあります。

為替の変動を利用して売買での差益を狙うトレード

ひとつは上記で説明した、為替の変動を利用した売買差益を狙う取引で通常はトレードと言われます。通貨を買って、高くなったら、それを売って利益を得る。もしくはその逆に通貨を売って、安くなったら買い戻す。この売り買いを繰り返していくだけで、通貨を交換するときの差額で利益を狙います。この売り買いの際に、レバレッジと呼ばれる仕組みを使い、自分の資金の何倍もの通貨を取引し、少ない元手で大きく利益を出すことも可能です。現在日本では25倍のレバレッジが掛けられますので、10万円の元手があれば、250万円分の取引が可能ということになります。

仮に10万円の元手で、1米ドル80円の時にレバレッジ25倍で円を米ドルに変えて、一晩で81円になったと仮定すると、おおよそ3万円の利益となります。

金利差(スワップポイント)を狙う取引

もうひとつは、スワップポイントと言われる金利差を狙って利益を出す手法で、保有している通貨(日本なら円)に対し、政策金利の高い通貨を買って、金利の低い通貨を売るときに発生する金利差を利益にします。スワップポイントはスワップ、スワップ金利とも呼ばれます。

外貨預金は主に高い預金利息を狙うのに対して、FXは金利の高い通貨を買って、安い通貨を売るだけで金利差が発生し、しかも買い戻すまで、金利差は毎日もらえます。このスワップポイントが外貨預金とFX(外為取引)の大きな違いとなっています。世界的に見ても希な低金利時代である日本では、この金利差を利用して金利の高い外貨を買うことで、大きな利益が得られやすい環境にあるということです。特にオーストラリアドルやニュージーランドドルはここ数年高い金利となっているので、日本のように金利の安い通貨を保有している人に人気となっています。

FXの利益構造は大きく分けてこの二つですが、上記の2つの仕組みを組み合わせた取引も可能です。

FXは24時間いつでも取引可能

外国通貨の取引は日本だけでなく世界中で行われています。日本では深夜や早朝でも、他の国では取引時間ということもあるわけです。したがってFX市場は24時間休むことなく世界のどこかで常に開かれています。特に米ドルやユーロを売買するのであれば、欧米の市場が開かれて、為替変動が激しい夜(日本時間で)に取引する人も多くなっています。

オススメのFX口座はこちら

DMMFX口座開設しておいて間違いのない人気FX口座

高いスワップ、ツールの分かりやすさ、低スプレッドと3拍子そろっていて初心者におすすめの口座。
口座開設から取引までとにかく分かりやすく、FX初心者でも迷わず運用を始められる。
取扱通貨ペアは20種類。原則固定のスプレッドは業界安水準で低コストの運用が可能。
シンプルでわかりやすい取引ツールは直感的に操作できるのでユーザーに大好評。
スワップポイントは通年で高い水準を誇り、中長期の運用をお考えの方にも最適。
LINEサポートなどのカスタマーサポートも充実で、初心者の方も安心。


初回入金 口座開設時に必要な金額。

最小取引単位 各FX会社で取引できる最小の単位。10000の場合1万通貨から取引可能。単位が小さいほど資金が少額で済み、少額資金での取引が可能。

通貨ペア数

24時間サポート
0円 10,000通貨 20ペア
外為ジャパン狭いスプレッドで1000通貨の取引も可能

業界最高水準のスプレッドを提供する口座。1000通貨にも対応し取引手数料も無料。
PC用、モバイル用とも高機能ツールが無料で使え、Macにも対応。
クイック入金は380の金融機関に対応。出金手数料、口座維持も無料。
LINEサポートなどのカスタマーサポートも充実しているので、初心者の方でも安心。
日証金信託銀行と株式会社SMBC信託銀行での100%信託保全。


初回入金 口座開設時に必要な金額。

最小取引単位 各FX会社で取引できる最小の単位。10000の場合1万通貨から取引可能。単位が小さいほど資金が少額で済み、少額資金での取引が可能。

通貨ペア数

24時間サポート
0円 1,000通貨 15ペア
外為オンラインシステムの安定性と高いスワップで人気の口座

マニュアルの分かりやすさ、ツールの使い易さ、システムの安定性と初心者におすすめ。FX年間取引高で5年連続No.1を誇る人気の理由は分かりやすさと安定性です。

無料のデモトレードもあり、本番と同じ環境で練習が可能。すぐに取引を覚えられます。

サポート専用スタッフがいて、まったくFXがわからない人でも取引までスムーズにサポート。

セミナーも「操作説明」「入門」「基礎」「実践」と揃っている上、投資のプロによる相場解説、予想レポートが豊富で口座解説後の取引サポートも充実。


初回入金 口座開設時に必要な金額。

最小取引単位 各FX会社で取引できる最小の単位。10000の場合1万通貨から取引可能。単位が小さいほど資金が少額で済み、少額資金での取引が可能。

通貨ペア数

24時間サポート
5,000円 10,000通貨 24ペア ×